特定商取引お問い合わせ記事リンク
香り高いこだわりのスペシャルティコーヒーを
全国へお届けしています。
生産者の情報がわかるコーヒーを皆様に提供したいと心がけています。
1杯のコーヒーに海の向こうの農園を感じてみてください♪
 ブログ

2種類以上の豆を
混合したコーヒーです。
風味や香りに奥行きがあります。
1.午後のブレンド
2.ビターブレンド


 産地ごとの単品のコーヒー。
 それぞれの個性が楽しめます。
3.エチオピア
 グジ アナソラ アナエロビック
4.ケニア
 カグモイニ コーヒーファクトリー
5.ルワンダ
 ブフコーヒー・ニャルシザ バロ
6.グァテマラ
 エル・インヘルト農園 Traditional
7.グァテマラ
 ブエナビスタ農園 ゲイシャ
8.コスタリカ
 カンデリージャ ハニー
9.メキシコ
 サンアントニオ農園 アナエロビック
10.ボリビア
 バシリオ・ティコナ
11.インドネシア
 マンデリン G-1 アルールバダ
12.COEニカラグア
 ラ・ベンディション農園
13.カフェインレス
 (メキシコ産 デカフェ)



 ドリップバッグ
 びん入りカフェオレベース
 ギフトセット
 組合せ自由なギフト



表示価格は
全て消費税込みです





糖蜜菓子のような甘い余韻,
あんずのような果肉感のある酸質

スイートチョコ,ブラックティー,紅茶
糖蜜菓子,あんず


久々のルワンダ入荷です。
今回のコーヒーはとてもスイート、チョコや紅茶のようなフレーバーで、あんずのような丸みを帯びた酸質を感じ、甘い余韻が長く続く良質なコーヒーです。
浅煎り〜中煎りが苦手な方もこのコーヒーからなら好きになれるかも!と密かな期待を込めて沢山買い付けておきました(笑)なのでしばらくラインアップします!



5.ルワンダ
ブフコーヒー ニャルシザ バロ
780円/100g (税抜 723円)
【500gパック】
3,800円/袋
 (税抜 3,519円)
通販ご利用ガイド 挽き具合について

 

@国・地域 ルワンダ共和国 南部県 南ニャマガベ バロ地区
A精選場 ニャルシザ水洗処理場
B標高 1,785m
C精選 ウォッシュド
D品種 ブルボン
●ルワンダのコーヒー
 アフリカの中央部、タンザニアの西に位置するルワンダ共和国。面積は四国程度の小さな国ですが、高い標高と高品質コーヒーの生産に適した条件を備えている自然豊かな国です。本格的なコーヒー生産が始まったのは1930年以降から。日本ではまだあまり知られていませんが、2008年にアフリカ大陸で初めてカップ・オブ・エクセレンス(国際的に最も権威ある品評会)が開催されて以来、注目が高まっている生産国のひとつです。

●ニャルシザCWS
 ニャルシザCWSはルワンダ南部にあり、同国のスペシャルティコーヒー輸出業者「BUF COFFEE」直営のコーヒー水洗処理場(Coffee Washing Station = CWS)です。BUF COFFEEの創立者エピファニ氏が居住していて、周辺の2000軒のパートナー農家からコーヒーチェリーを買い受け、ブルボン100%のウォッシュドコーヒーを生産しています。ニャルシザはニュングウェ国立公園につかく。クリーンな水が豊富にあり、標高の高さも相まって非常にすばらしいコーヒーが生産されています。現在でも発酵やソーキングの改良実験に取り組むなど品質改善に余念がありません。
 COEでは2010年、2011年、2012年に受賞しました。




ブログ

copyright (c) 2008 Coffee Roster MochaMocha
                All Rights Reserved.