特定商取引お問い合わせ記事リンク
香り高いこだわりのスペシャルティコーヒーを
全国へお届けしています。
生産者の情報がわかるコーヒーを皆様に提供したいと心がけています。
1杯のコーヒーに海の向こうの農園を感じてみてください♪
 ブログ

2種類以上の豆を
混合したコーヒーです。
風味や香りに奥行きがあります。
1.午後のブレンド
2.ビターブレンド


 産地ごとの単品のコーヒー。
 それぞれの個性が楽しめます。
3.エチオピア
 カヨカミーノ農園
4.ケニア
 カリアイニ AA
5.コロンビア
 サンチュアリオ農園 ブルボン
6.グァテマラ
 ラ・ソレダ農園
7.グァテマラ
 ブエナビスタ農園 ゲイシャ
8.グァテマラ
 エル・インヘルト農園
9.ニカラグア
 リモンシリョ農園 ジャバニカ
10.コスタリカ
 エルバス ブラックハニー
11.メキシコ
 サンアントニオ農園
12.インドネシア
 マンデリン G-1 アルールバダ
13.カフェインレス
 (メキシコ産 デカフェ)



 ドリップバッグ
 びん入りカフェオレベース
 ギフトセット
 組合せ自由なギフト



表示価格は
全て消費税込みです





赤ワインのような,
南国のフルーツのような


赤ワイン,レモングラス,ライム,マンゴー,
ブラウンシュガー,パッションフルーツ

アナエロビックとは嫌気醗酵のことで、専用のタンクにコーヒーチェリーを入れて、酸素を抜いた状態で温度管理しながら醗酵させたコーヒーのことを言います。
モワッとくる独特のアロマと、マンゴーやパッションフルーツのようなフルーツ感がたまらない、初めて飲んだら「こんなコーヒーあるの?!」というコーヒーです。赤ワインやフルーティな日本酒のような感じもします。もちろんノンアルコールですが(笑)
以前ブラジルのアナエロビックを入荷したところ、大変好評でしたので、今回こちらを入荷してみました。


11.メキシコ
サン・アントニオ農園 アナエロビック
750円/100g (税抜 695円)
【500gパック】
3,650円/袋
 (税抜 3,380円)
通販ご利用ガイド 挽き具合について

 

@国・地域 メキシコ合衆国 チアパス州 タパチュラ
A農園 サン・アントニオ農園
B農園主 Edward Teddy Esteve
C標高 900m〜1,250m
D精選 アナエロビック
E品種 Mixture of Hybrid Varieties(H15+H16+H18)
●アナエロビックとは
 当ロットは嫌気醗酵(Anaerobic Fermentation)により生産処理されたロットです。無酸素状態で醗酵工程がとられています。
 収穫された完熟チェリーは、果肉をつけたまま嫌気醗酵専用のタンクに入れられます。その際、農園によっては水やコーヒーの果汁などを一緒に入れることもありますが、サン・アントニオ農園でタンクに入れるのはコーヒーチェリーのみです。その後タンクのバルブを閉じて酸素を排出し、タンク内に酸素が全く無い状態となります。
 無酸素状態のまま、11℃〜24℃に温度を保った状態で72時間嫌気醗酵工程を取ります。酸素が無いためイースト菌やバクテリアの働きが抑えられて、醗酵工程を長時間とることができます。また、温度管理をすることによって、好ましくない酢酸の発生や過度な醗酵臭の発生も抑制しています。
 嫌気醗酵を終えたコーヒーチェリーはタンクから取り出され、一時乾燥としてアフリカンベッドの上で4日間乾燥工程をとります。この際の温度も、醗酵工程と同じ11℃〜24℃に保たれるよう管理されています。
 その後、最終乾燥として機械式のドライヤーを使い、35℃〜40℃で48時間乾燥させます。

●品種について
 サン・アントニオ農園では、常勤の従業員は100名、収穫期には450名が働いています。栽培品種は全てハイブリッド系の品種です。コーヒー生産には、将来に向けてたくさんの課題があります。その対策の一つとして、当農園では品種に着目しています。世界中の生産国から得られる情報を生かしながら、様々な検証を続けています。

↑嫌気醗酵用タンク
↑タンクに入れられたチェリー



ブログ

copyright (c) 2008 Coffee Roster MochaMocha
                All Rights Reserved.