特定商取引お問い合わせ記事リンク

香り高いこだわりのスペシャルティコーヒーを
全国へお届けしています。
生産者の情報がわかるコーヒーを皆様に提供したいと心がけています。
1杯のコーヒーに海の向こうの農園を感じてみてください♪
 ブログ

 2種類以上の豆を
 混合したコーヒーです。
 風味や香りに奥行きがあります。
1.午後のブレンド
2.ビターブレンド
3.エスプレッソブレンド


 産地ごとの単品のコーヒー。
 それぞれの個性が楽しめます。
1.エチオピア
  アラカ農園 ナチュラルG-1
2.エチオピア
  モカ イルガチェッフェ G-2
3.ケニア
  カマゴゴファクトリー
4.コスタリカ
  モンテコペイ レッドハニー
5.グァテマラ
  エル・インヘルト農園 traditional
6.インドネシア
  マンデリン G-1 アルールバダ
7.【COE 2016 EH】 ブラジル
  シッチオ サンタナ農園
8.【COE】 ブラジル
  ピネリーニョ農園
9.エルサルバドル
  ペニャ レドンダ農園



 1カップ用カフェバッグ
 カフェインレス
 びん入りカフェオレベース
 ギフトセット
 組み合わせ自由なギフト



表示価格は
全て消費税込みです





軽め,香ばしい

ローストナッツ,ブラウンシュガー,
フレッシュオレンジ,ロングアフターテイスト

カフェオレに合うブレンドとして、2005年の開業当初から人気があります。マスターの秘密の火力(?)で焙煎したブラジル豆を使ったブレンドです。ホッと一息入れたい午後のコーヒータイムにどうぞ♪


1.午後のブレンド
580円/100g (税抜 538円)
【500gパック】 2,800円/袋 (税抜 2,593円)
通販ご利用ガイド 挽き具合について

 

マイルドで、ブラックで飲んでも美味しい、ミルクを入れて飲んでも美味しい、毎日飲んでも飲み飽きない・・・
そんなコーヒーをイメージして作ったブレンドです★
 「カフェオレ」と「カフェラテ」「カプチーノ」の違いについて。
「カフェ・オ・レ(cafe au lait)」はフランス語、「カフェ・ラッテ(Caffe Latte)」はイタリア語で、どちらも意味は同じ「牛乳の入ったコーヒー」を指します。
 一般的に、フランスのコーヒーはドリップ形式で、イタリアのコーヒーはエスプレッソ形式で作られます。そのため、特に日本では「ドリップで作ったミルクコーヒー」を「カフェオレ」と呼び、「エスプレッソで作ったミルクコーヒー」を「カフェラテ」と呼んで区別しています。
 また、「カプチーノ(cappuccino)」もカフェラテと同じくエスプレッソコーヒーを使いますが、牛乳をクリーム状に泡立てて注ぐのが特徴。イタリアで好まれているコーヒーの飲み方のひとつです。エスプレッソマシンの蒸気を使って牛乳を一気に泡立てるため、蒸気の熱で牛乳も温まります。そのため、通常はホットです。泡立てたミルクを注ぎながらコーヒーの表面に模様を描くことを「ラテアート」、またスプーンや串などを用いて絵や字を描くことを「デザインカプチーノ」と呼び、見た目でも楽しむことができます(*^^*)
ラテアート デザインカプチーノ


ブログ

copyright (c) 2008 Coffee Roster MochaMocha
                All Rights Reserved.