特定商取引お問い合わせ記事リンク
香り高いこだわりのスペシャルティコーヒーを
全国へお届けしています。
生産者の情報がわかるコーヒーを皆様に提供したいと心がけています。
1杯のコーヒーに海の向こうの農園を感じてみてください♪
 ブログ

2種類以上の豆を
混合したコーヒーです。
風味や香りに奥行きがあります。
1.午後のブレンド
2.ビターブレンド


 産地ごとの単品のコーヒー。
 それぞれの個性が楽しめます。
1.エチオピア
 ガレ G-1 ナチュラル
2.グァテマラ
 エル・インヘルト農園
3.ニカラグア
 リモンシリョ農園 ジャバニカ
4.コスタリカ
 ドン・オスカル レッドハニー
5.インドネシア
 マンデリン G-1 アルールバダ
6.【COE 2019】
 ブルンジ
 ルホロロ農協
7.【COE 2019】
 メキシコ
 ラ・イスラ農園
8.【COE 2019】
 コスタリカ
 エル・バンブ農園
9.【COE 2019】
 ホンジュラス
 チョリー農園
10.カフェインレス
 (メキシコ産 デカフェ)



 ドリップバッグ
 びん入りカフェオレベース
 ギフトセット
 組合せ自由なギフト



表示価格は
全て消費税込みです





香ばしい香り,ほうじ茶のような

バニラ,キャラメル,ブラウンシュガー,
ほうじ茶,紅茶,りんご,グレープ,
チョコレート,クリスプ

アフリカ大陸ブルンジから届いたCOE入賞豆は、上質な香ばしさとクリーミーな甘みを楽しめる逸品です!

※COE(カップ・オブ・エクセレンス)とは…下記「産地、農園の紹介」をご覧ください。


6.カップ・オブ・エクセレンス2019
ブルンジ ルホロロ農協
980円/100g (税抜 908円)
【500gパック】
4,800円/袋
 (税抜 4,445円)
通販ご利用ガイド 挽き具合について

 

@国・地域 ブルンジ共和国 カヤンザ県 カバロレ
A農協 ルホロロ農協
B代表 ウヴウィザブウィカワ農協
C標高 1,666m
D精選 フリーウォッシュド
E品種 ブルボン
ECOEスコア 87.57(18位)

●カップ・オブ・エクセレンスとは

 コーヒーの業界で最高峰の品評会「カップ・オブ・エクセレンス(通称COE)」。その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものだけに贈られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。コーヒーの風味や香り、酸の質、雑味の有無などを、銘柄を伏せた状態で複数の国際審査員たちに細かく採点されます。その厳格な審査を経て、風味・品質の優れた稀有なコーヒーとして評価された一握りのコーヒーだけが「カップ・オブ・エクセレンス」の称号を与えられます。まさにコーヒーの中のトップ・オブ・トップと呼ぶにふさわしい逸品です。
 カップ・オブ・エクセレンスの公式ホームページは、こちら

●東アフリカの内陸部に位置するブルンジ共和国
 ブルンジ共和国は東アフリカの内陸部にあります。西部の標高1,760m地域にはタンザニーカ湖があり、熱帯に属しながらも比較的涼しく、その土壌は主に肥沃な火山灰で作られています。主な輸出用作物はコーヒーとお茶で、特に日本への輸出総額の94.7%はコーヒーで占められています(2016年)。ルホロロ農協があるカヤンザ県は人口1万人ほどの小さな県で、ブルンジ北部のルワンダとの国境にあります。

●生産者の利益を守るために
 ルホロロ農協は2008年に設立されました。設立の目的は次の通りです。
 ・生産者に近い場所に専用の水洗精製工場を建設し、長距離を徒歩で運ぶ負担を減らすこと
 ・仲介人を全て排除し、生産者が利益を直接得られるようにすること
 ・市場に直接アクセスすることにより、生産者の収入を増やして暮らしを良くすること
当初の目的どおり、2009年に水洗精製工場を建設し、2011年には運用を開始しました。2012年には他の組合とも合流して「COCOA」という農協連合会を設立し、プロモーション活動を促進するなどの活動をしています。現在、ルホロロ農協には1308名を超えるメンバーが登録されています。
 2013年には、協力者の善意とCOCOAの協力のもと、フェアトレードの認証を受けました。その他にも、Utzやレインフォレスト・アライアンスの認証を取得しています。


↑チェリーのハンドピック↑
↑アフリカンベッドで天日干し・ハンドピックの様子↑ ↑COEのロゴ



ブログ

copyright (c) 2008 Coffee Roster MochaMocha
                All Rights Reserved.